英文法の時期にフォーカス!

大学受験を控えた人にとって、英語は避けては通れない教科でしょう。
何故なら、文理問わず、ほぼすべての大学で入試に英語が出題されるからです。

英語を武器にできれば、大学受験の強い味方になりますよね!
しかしながら、「なかなか思うように英語の力が伸びない」とお悩みの方も多いのではないのでしょうか。

「英語」とひと口に言っても、その内訳は様々。
英単語だったり、イディオムだったり、並び替え問題だったり…。
細かく分けると、実に多くの種類が思い浮かぶでしょう。

今回は、「英文法」にフォーカスを当ててお話しします。

☆私が使っていた英文法の参考書

・中尾孝司(2012)『スクランブル英文法・語法 3rd Edition』旺文社.

ご存知の方も多いのではないでしょうか?左側のページに問題演習が、右側のページにはその解説がそれぞれ載っています。
私は、こちらの参考書(以下、スクランブル)を使って受験期を乗り切りました。

☆英文法の勉強の開始時期

私が本格的に英文法を勉強し始めたのは、高3になってすぐのことでした。なぜ高3の4月から始めたのかというと、高2が終わるまでずっとやる気が起きなかったからです。
ちょうど3年生になったということで、少しずつ目覚めていきました。とはいっても、「やってやるぞ」という熱い気持ちよりも、むしろ義務感に縛られて嫌々始めたという表現が適切でしょう。毎日参考書を広げては、猪突猛進、がむしゃらに毎日取り組んでいました。

☆スクランブルの使い方
 
スクランブルですが、最終的には解説と演習に9.5:0.5くらいの割合で参照していました。7月の半ば頃には、演習を行う時間が果てしなく無駄だと気付いたからです。というのも、演習で出題される英文をそのまま覚えても、入試には同じ形で出ることはあり得ないからです。また、記号で答える演習問題でよくあるのが、記号で覚えるという「裏技」の使い手になってしまうことです。大学受験では、そのような子供騙しは通用しない(ということを痛いほど体感した)のです。

入試にそのままの形で出ない演習問題に力を注ぐよりも、解説を熟読して本質を理解することのほうが大切なのです。
(もちろん、今の自分の実力を確認するために、演習を行うことは問題ありません)

☆英文法の勉強で後悔していること

さて、英文法の勉強に全力を投じてきた私ですが、非常に後悔していることがあります。それは、勉強を始めた時期です。もちろん、センター試験まではスクランブルの内容のほぼすべてを理解できていましたが、高3の4月からの出だしは大分遅かったと実感しました。それは、そもそも勉強する習慣がなかったからです。勉強を習慣にするところから始まりました。自分に合った勉強のやり方(=参考書の内容の吸収の仕方)が分からないまま、謎の暗号を頭に叩き込んでいました。手探りで暗闇を迷い歩く時間はもったいないです。早いうちから勉強する習慣を身につけておくと良いでしょう。

また、英文法の勉強の際に、書いて覚えようとしたことも後悔しています。書いて覚えようとすることは、私はドーピングだと思っています。「書いている=勉強している」と錯覚してしまいがちになるのです。時間もかかるうえ、覚えにくい―無駄です。書くのは、ここぞというとき(=どうしても覚えづらいものに出会ったとき)にだけ使うようにしましょう。

☆英文法の理解度を上げるには

英文法の理解度を高めるためには、他の単元と有機的に繋がっているので、英文法以外の勉強もすると良いです。とはいっても、難しい話ではありません。英文法の理解を深めるためには、単語の知識も必要です。また、英文法は長文読解にも直結するものです。「文法の独立問題」で得点するための”目的”でもあり、長文読解で得点するための”手段”でもあるのです。

私は英文法の力を伸ばしていくために、英文法以外の勉強も行っていました。
具体的には以下の3つです。

・英単語

・スラッシュリーディング

・英文解釈(S,V,O,C,Mに分ける力)

私はスラッシュリーディングを大切にしていました。特に、英文法の並び替えの問題では、英語の語順の理解で差がつきます。スラッシュリーディングを行うことで、英語ならではの語順を音読しながら、聴覚を用いて頭に入れることができます。フレーズのまとまりごとを意識して、区切れごとに間を空けて読むと効果的です。またスラッシュリーディングと同時並行で英文解釈の力をつけていくと、より効果が出てきます。

☆スラッシュリーディングで使っていた教材
私は、スタディタウンの「スーパーSIM 中・上級コース」を使っていました。こちらの教材は、音声や動画で正しい音読のやり方が分かるうえ、添削課題するテストも付属されているので、オススメです。

Have something to say?

(No worries, we will keep your email safe! Also, make sure you fill in email and name fields before posting a comment.)